お弁当や夕飯の一品に!冷凍食品を上手に活用する方法を紹介

進化する「冷凍食品」の秘密に密着!

みんなが活用している人気の冷凍食品とは

一口に冷凍食品と言えど、種類も品数も膨大です。
ごはん、パン、うどんの主食になるもの、ほうれん草、ブロッコリー、さといもなどの野菜類、そして、唐揚げ、餃子、コロッケなどのお弁当に重宝されるものなど様々な冷凍食品が存在します。
その中でも、多くの人が活用している「人気の冷凍食品」とその理由を見ていきましょう。
まずは、冷凍食品の王道、唐揚げは、油で揚げる手間も無く、お弁当や夕飯の一品になることはもちろん、子どもから大人まで好きな人が多いのが人気の理由です。
次は、老若男女問わず人気のうどんですが、すぐに主食として食べられることや、赤ちゃんの離乳食などにも活用でき、便利と好評です。
そして、普段の手料理に活用できる、冷凍野菜は、急速冷凍製法により、鮮度や栄養素も保たれ、長期保存ができるところが利点です。
冷凍野菜と冷凍うどんは、心配される添加物の使用も少ないため、安全性を気にする人にも選ばれるようです。

気になる冷凍食品の原料とその影響

便利な反面、やはり気になるのは産地や原料ではないでしょうか?
添加物は、体に良くないと言われ、なるべく摂取しない方がよいのですが、冷凍食品に関わらず、スーパーやデパートのお惣菜、コンビニのおにぎり、サンドイッチ、お菓子やアイス、調味料にまでほとんどのものに添加物が使用されています。
添加物は腐敗を防ぐ役割があるものの、発がん性物質に変化することもあるため、日常による摂取は懸念され、注意が必要となります。
そのため、冷凍食品を日常のお弁当作りや夕飯等に活用している方は、ポイントを押さえて上手に活用してみてはどうでしょうか?
冷凍食品の中でも肉類には添加物が多いため、頻度を減らすだけでも有効です。
また、野菜やうどんなどのシンプルなものは添加物も少なく、栄養素も保たれているため、頻度は多くても他の物と組合せアレンジしてみましょう。
無添加を好む場合は、通販の利用もオススメです。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ