お弁当や夕飯の一品に!冷凍食品を上手に活用する方法を紹介

多くの食品に用いられている添加物とは

冷凍食品のメリットとデメリット

まず、デメリットの代表はやはり「添加物が多い」ことでしょう。
添加物は、危険な物質を含んでいると言われますが、安全性を高めるためにも使用されることが多く、食品に使用できる物質とその量も決められていることから、添加物の食品を食べたからと言ってすぐに危険が及ぶという事はありませんが、絶対に安全とも言い切れません。
やはり、添加物の入った食材の食べ過ぎはよくないため、頻繁に摂取している方は注意が必要です。
そして、メリットと言えば、時短、簡単、美味しい、コスパが良いなどたくさん挙げられますが、何と言っても長期保存できるところが魅力です。
野菜も肉も収穫してすぐ急速冷凍するため、鮮度や栄養素を損なうことなく、解凍時にそのまま美味しく食べられるのがポイントです。
野菜に関しては、スーパーに並んで数日経ったものよりも、むしろ冷凍野菜の方が栄養価が高く、新鮮度も保たれている場合もあります。

冷凍食品と作った料理を冷凍する場合の違い

同じように「冷凍」したものでも、冷凍の仕方によって期限、美味しさ、栄養価などが大きく変わってきます。
今回は、作り置きなどのように、料理したものを冷凍した場合と、冷凍食品の違いについて見ていきましょう。
まず、1番の違いは、凍らせる方法です。
冷凍食品は、新鮮な食材に比べると冷凍することにより質が落ちるというイメージが強いですが、実は一気に凍らせる「急速冷凍」という方法をとっているため、栄養価は殆ど変わらないのです。
一方で、作り置きなどの料理したものは、家庭で徐々に温度を下げて凍らせる方法のため、食品はダメージを受けやすく、美味しさも落ち、長期保存はできません。
このように、同じ「冷凍」でも、凍らせ方により、色々な違いが出てくることがわかります。
また、冷凍食品=質が悪いということにはならず、上手く活用することにより、栄養価を保ったもので時短料理が可能になります。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ